ホンダシングル専門店 ニュートラル

ホンダの単気筒専門店という、ちょっと偏屈な愛知県のバイク屋ニュートラルのスタッフによる日記です 

オイルシール

入院中のXL125R

クラッチカバーにあるレバーからのオイル漏れの修理。

オイルシールの交換なのですがカバーを外してからの作業になります。

単純にオイルシールの交換作業は簡単ですが

この作業の大半はガスケットを剥がすことがメインになってきます。

確りガスケットをはがさないと せっかく組んだのにオイルが

漏れてきたりするので気を付けたいところですね。

ちなみに同じように見えてもCB125JXやバイアルスは

オイルシールではなく、Oリングが使われています。

フロントのハブにあるシールが劣化しているのでついでに交換。

以上2点のオイルシールの交換が今回の作業でした。

とても綺麗な車両ですが、30年以上経つので

最初についていたゴム部品はさすがに交換時期が来ているようですね。



エンジン載せました。

フェンダーを付けようとしたのですが

リアは錆がひどく、フロントは凹んでいるので

私が素人板金でたたいて再めっきに出しました。

出来上がりが楽しみなような、怖いような…

DSC_2756.jpg
    23:00 | Top

ポポグリーン

今年は申年だからというわけではありませんが

モンキー入荷です。

見る人見る人が「戻ってきたの?」

「まだ納車してなかったの?」などと言いますが

新たに入荷したものです。

これから準備していきますので宜しくお願いします。



タイヤがないので移動困難だった450

とりあえず転がせるようになりました。

ドロドロだったエンジンもかるく掃除できたのでこれから載せていきます。

DSC_2749.jpg





    21:19 | Top

チェンカッター

入院中のC100

メーターケーブルを取り付けたので

退院待ちとなりました。



前期型のワイヤーはアヤ目の金具が特徴的です。

オールドカブに使われていた部品のこういった金属処理や材質も

年代によって 変わってくるのでマニアの人たちには

くすぐられる要素でもあるようです。

DSC_2740.jpg

入院中のA7

オーナーさんの要望がリアタイヤを太いものに交換

もともとリアフェンダーが大きめなので、見た目に丁度いい感じになりました。

画像はチェンを交換するためにグラインダーで削っているところです。

チェンを切っているわけではなく、チェンカッターを使う前に

チェンの頭をグラインダーで削ってからカッターを使えば

カッターへの負担が少なく作業もスムーズになります。

特に最近は安価でチェンカッターで売られているものの

弱いものが多く、グレードの高いチェンを切ろうとすれば

先に工具が壊れてしまう程の負担があるので

自分で作業する方にはこの方法はお勧めです。

DSC_2739.jpg

準備中の450のホイールにタイヤをつけました。

足がついていないとフレームが邪魔なので

はやくホイールをつけて転がせるようにしたいところです。

DSC_2742.jpg

明日退院となったGB250

いろいろと手を入れたのでこれから先も頑張ってほしいところです。

クラブマンのメッキパーツにオレンジ色の光が当たった姿は魅力的ですね。

DSC_2746.jpg
    22:03 | Top
プロフィール

ニュートラル

Author:ニュートラル
スタッフが、日々の出来事を綴ります

リンク
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック